車の保険 見直し

一括見積もりで保険料払いすぎを解消しよう

車の保険 見直し

毎年訪れる更新は自動車保険の見直し・節約の絶好のチャンス。
加入条件の変化をチェックし、より安い保険に切り替えることができます。


自動車保険の更新時に毎年一括見積もりでチェック・見直しを行うリピーターが増えています。

今の保険にしてから次のような条件の変化はありませんか?

<自動車保険更新時の加入条件チェックポイント>

①主たる運転者がゴールド免許を取得した
②年間走行距離が短くなった
③新しく2台目の車を買った
④車をたまにしか使わなくなった(使用目的:通勤・通学→日常・レジャー等)
⑤運転する家族がみな30歳以上になった
⑥排気量の小さい車種に買い換えた
⑦運転者を夫婦や家族に限定できるようになった

変化があれば確実に今より保険料の安いところが出てきます。

今の保険が代理店型なら変化が無くても大幅に安くできるでしょう。


簡単な入力で各社を一括比較できる一括見積もりは、更新時見直しの大きな武器になります。

数年に一回のチェックで自動車保険の払いすぎをほとんど解消できるでしょう。

保険選びに一括見積もりが欠かせなくなった

車の保険 見直し

自動車保険が自由化されて10数年経過し、保険料の設定は現在リスク細分方式が主流になっています。

各社の競争でリスク区分の多様になり、更新時の見直しのチャンスがかつてより大きく増えました。


自動車保険をそのままにしていた期間中の条件変更が多ければ多いほど見直しの余地が大きくなります。

実際に経験したり、知人から聞き出したりした実例を紹介してみます。

・運転する家族がみな30歳以上になった場合(「年齢条件」の変更に該当)

  保険料¥26,000 → ¥21,400

 (契約概要 32歳、カローラ、12等級、対人無制限、対物1千万円、車両保険無し)

・車を通勤で使わなくなった場合(「使用目的」の変更に該当)

  保険料¥34,400 → ¥27,600

 (契約概要 29歳、フィット、9等級、対人無制限、対物1千万円、車両保険無し)

意外に大きい保険料の差になることがお分かりいただけると思います。

たった1項目の変更でもこのような保険料の差額が出てきます。
各社のリスク区分が多様化している現在では更に節約額が大きくなるかもしれません。

自動車保険の更新を控えている方は、ぜひともチェックしてみてください。

軽自動車の任意保険も見直しで節約することができますよ。
ディーラーがすすめた保険のままだったら、ダイレクト系(通販型)に切り替えるだけで大幅に節約が可能です。